介護・介護予防に関するお悩みは高齢者あんしんセンターみどの新町にお気軽にご相談ください
高齢者あんしんセンター
(地域包括支援センター)
みどの新町
0274-42-0200

新着情報
news

2018/07/30認知症サポーター養成講座「上武大学看護学部」⑤

高齢者あんしんセンターみどの新町では、7月25日(水)に5回目の認知症サポーター養成講座を開催し、

新たに18人の学生が認知症サポーターとなりました!

1回目から5回目を合わせて、88名の学生認知症サポーターが新町では誕生しています。

今後も新町にオレンジの輪が広がり認知症になっても住みやすい町になるよう努めていきたいと思います。

 

 

2018/07/13「おれんじカフェ三木」を開催しました

高齢者あんしんセンターみどの新町では、7月13日に「おれんじカフェ三木」を開催しまいた。

本日もカラオケが盛り上がり皆さん楽しまれた様子が伺えました。

また、オレンジサポーターさんがジグソーパズルをしたり最近の若者言葉について話をしたりされました。

参加者からは、「何年かぶりにジグソーパズルをした」「最近の若い人たちの言葉使い知れた」と話してました。

 

次回は8月10日(金)12:00~15:00開催予定です。

興味のある方は是非お気軽にお越しください!!

 

【おれんじカフェ三木】

◆開催日時:月1回第2金曜日 12:00~15:00(出入り自由)

◆場所:カラオケ茶屋三木

◆参加費:300円(時間内であれば飲み放題)

※アルコールはお出しできません

※喫煙はご遠慮ください

 

 

2018/07/11認知症サポーター養成講座「上武大学看護学部」④

高齢者あんしんセンターみどの新町では、7月10日(火)に4回目の認知症サポーター養成講座を開催し、

新たに20人の学生が認知症サポーターとなりました!

講座終了後、学生は認知症を支援する意志表示の目印である「オレンジリング(オレンジ色のブレスレット)」を

身に付け、認知症サポーターへの仲間入りをしました。

 

学生からは、今回の講座を通して、できないことばかりに注目するのではなく、

どのように接すれば、利用者の可能性を広げることができるかという考え方を学ぶことができました。」

また、「認知症の症状に対して、本人が一番憤りや悲しみを感じている、ということを知り、

自分の認識を改めることができました。」、「自分が在住している地域の活動状況を確認し、

参加できるものを模索してみようと思いました。」等、新たな気づきや実際に認知症サポーター活動に

参加したいという感想が聞かれました。

今後、学生たちが認知症サポーターとして、認知症の方も住みやすい社会づくりに貢献していくことが期待されます。

 

2018/06/14認知症サポーター養成講座「上武大学看護学部」③

高齢者あんしんセンターみどの新町では、6月12日(火)3回目の認知症サポーター養成講座を開催し、

新たに17人の学生が認知症サポーターになりました!

講座では、認知症とはどのような病状なのか、認知症の方にはどう接したらいいのかを解説し、

学生たちの認知症への理解もより深まりました。

認知症サポーター養成講座を受講した学生たちには、認知症を支援する「目印」として、

ブレスレット(オレンジリング)が配られました。

今後、学生たちが認知症サポーターとして、認知症の方も住みやすい社会づくりに貢献していくことが期待されます。

 

2018/06/07「じんじゃ ぬくもり」へ参加してきました

オレンジサポーターさん主催のどの区からでも来れる「じんじゃ ぬくもり」に参加してきました。

おしゃべりやお茶のみ、体操をしたりと楽しく過ごせました。

毎月第1木曜日9:30~11:30

どの区からでも参加できます。

高齢者安心センター みどの新町
0274-42-0200