新町かぜいろこども園

新着情報
news

2017/08/01園だより、献立8月分掲載しました

2017/06/30園だより、献立7月分掲載しました

2017/06/01園だより、献立6月分を掲載しました

2017/04/28園だより、献立5月分掲載しました。

2017/04/034月1日より「新町かぜいろこども園」に園名を変更しました。

 認定こども園新町保育園は4月1日より「新町かぜいろこども園」に園名を変更しました。

「かぜいろ」とは「風の色」のことです。園名には次のような意味があります。
 
1.高崎市で最も東にある当園は烏川と神流川の合流点近くにあり、川風が抜ける場所でもあります。
  特に冬には群馬特有の空風が吹き、ヒュウヒュウと吹く風は子どもたちの心と体に染み渡って
  成長を促しています。

2.風の色は何色?というように自然に対し五感を働かせ、子どもたちの自由な発想や自由な表現が
  出来るようなこども園にしたいと考えています。

3.新町は前理事長丸茂義人らが開催した日本最大のウォーキング大会である
  「日本スリーデーマーチ発祥の地」です。中仙道沿い温井川弁財天の前に
  「日本スリーデーマーチ発祥の地記念碑」が建っています。
  日本スリーデーマーチは昭和53年の第1回大会から始まり今年で40回を迎えます。
  今では参加者が8万人を越える日本一のウォーキング大会になっています。
  第1回・第2回は新町で開催し、第3回からは東松山市に移ったスリーデーマーチは、
  昭和60年(1985年)の第8回の時、朝日新聞の天声人語に「楽しみながら歩けば風の色がみえてくる」
  と言う言葉が載りました。今やスリーデーマーチのみならず全国のウォーカーの合言葉になっている
  この言葉は、新しいこども園の脇にある新町河原の土手が原点になっています。

 

これからも「新町かぜいろこども園」をどうぞよろしくお願い致します。

 

平成29年4月1日

社会福祉法人みどの福祉会

理事長  丸茂 豊

新町かぜいろこども園
0274-42-6700