沿革
history

昭和57年 02月
社会福祉法人みどの福祉会発足
昭和57年 04月
宗教法人浄泉寺の新町保育園から「社会福祉法人みどの福祉会」の経営による新町保育園として隣接地のに新しい建物で発足
園児、職員を引き継ぎ、キリスト教精神を設立の基盤とした保育園として定員60名でスタートする
平成12年 02月
保育園に併設して「新町デイサービスセンター」「新町在宅介護支援センター」が開設され、ふれあいホールは共有スペースとして活用
園児とお年寄りの交流を実施
平成17年 04月
新町保育園の2階建園舎を増築し定員90名となる 休日保育開始
平成17年 06月
子育て支援センター「わたぼうし」開設
平成20年 04月
学童クラブ新町こどもクラブ「虹」開設
平成21年 04月
高崎市より学童クラブ新町第一小児童クラブ運営受託
平成27年 04月
新町保育園が幼保連携型認定こども園に移行(定員115名に変更)
地域包括支援センター高齢者あんしんセンターみどの新町開設
新町在宅介護支援センターを新町居宅介護支援センターに名称変更
平成28年 04月
学童クラブ新町こどもクラブ「空」開設
貧困家庭支援事業「みどの学習クラブ」開設