介護・介護予防に関するお悩みは高齢者あんしんセンターみどの新町にお気軽にご相談ください
高齢者あんしんセンター
(地域包括支援センター)
みどの新町
0274-42-0200

新着情報
news

2019/06/19認知症サポーター養成講座「上武大学看護学部」③

高齢者あんしんセンターみどの新町では、3回目の上武大学看護学生向けの認知症サポーター養成講座を
6月18日に開催しました。15名の学生が認知症サポーターになりました。
今回も、オレンジサポーターの「新町にこにこ劇団」による寸劇と学生に良い例の寸劇内容を考え演じてもらい、
対応方法を演じてもらいました。
どのグループも「驚かせない」「急がせない」「自尊心を傷つけない」の3つのないについて対応できていました。
次回は7月2日に予定しています。

2019/06/17おれんじカフェ三木に医師が来ました

高齢者あんしんセンターみどの新町では、6月14日(金)におれんじカフェ三木を開催しました。
今回は関口先生にお越しいただき、終末期医療についてあらかじめ意思表示をしておくことが
大切という話しをしてくださいました。
参加者からは、「準備をしておくことが大切」という意見を聞くことができた。
次回は、あんしんセンターみどの新町職員による「認知症を予防するための運動」を紹介させてもらう予定と
なっています。
お気軽にお越しください。

【おれんじカフェ三木】
◆開催日時:月1回第2金曜日 12:00~15:00(出入り自由)
◆場所:カラオケ茶屋三木
◆参加費:300円(時間内であれば飲み放題)
※アルコールはお出しできません
※喫煙はご遠慮ください

2019/06/10「男性料理教室」に参加しました

高齢者あんしんセンターみどの新町では、6月6日 高崎市食生活改善推進員主催の「男性料理教室」に参加をしました。
参加者は6名。毎日料理をしている方や今まで料理をしたことがない方がいました。
献立は、さばの味噌煮、野菜炒め、かに玉汁、デザートです。
調味料を量る時は、正確に量る姿も。
初対面とういうこともあり、ぎこちない様子でしたが、だんだんと野菜を切るグループや
野菜等を洗うグループに分かれていました。無事に料理が完成しました。
やはり自分で作った料理はおいしいねと話しながら、召し上がっていました。

最後に、皆さんから次回もこのような男性の集まりが継続できたらよいと、嬉しい言葉をもらえました。
男性の方が積極的に地域に出てきて、仲間つくりができればいいなと思います。

2019/05/31第8回 新町地区医療と介護の連携強化勉強会を開催しました

高齢者あんしんセンターみどの新町と新町南は、令和元年5月28日(火)に
新町地区医療と介護の連携強化勉強会を開催しました。
今回も医院、薬局、連携センター、居宅、ヘルパー、入所施設、デイサービスなど
36名の職種の方が集まり勉強会を行いました。
参加者からデイサービスではどんなことをしているのか詳しくは分からないという意見もあり、
今回は各デイサービスによる事業所の活動内容を紹介してもらいました。
PTやOT、マッサージ師などの外部講師に来てもらいサービスを提供しているデイサービスや
個別に特化したデイサービスなど、デイサービス同士の情報交換にもなりました。

11月3日のしんまち商工祭に向けて、当勉強会のネーミングが投票にて決まりました。
「医療介護協力隊 しんまっち」です。

商工祭実行委員を立ち上げ、委員長の関口先生をはじめ、多くの方にご協力いただき商工祭に向けて
準備をすすめています。
新町の医院と介護事業所はつながっていることを、外部にアピールして、
住みやすい町にしていければと思います。
次回の勉強会は10月を予定しています。

商工祭実行委員による、準備経過の説明の様子

2019/05/29認知症サポーター養成講座「上武大学看護学部」②

高齢者あんしんセンターみどの新町では、2回目の上武大学看護学生向けの認知症サポーター養成講座を
5月28日に開催しました。14名の学生が認知症サポーターになりました。

今回も「新町にこにこ劇団」による寸劇と寸劇内容を学生に考えて演じてもらい、対応方法を学んでもらいました。

どのグループも「前に周りこんで、目線を合わせ、穏やかな口調」で対応していました。

職場体験で社協に来ていた中学生にもうまく伝わっているといいなと思いました。

高齢者安心センター みどの新町
0274-42-0200
採用情報
スタッフブログ
Facebookページ
まんまる新聞
SDGs
なんでも福祉相談